ハワイウォーターとアルピナウォーターの宅配 水のデリバリーサービス 水デリ
会社案内 | お問い合わせ | 資料請求 | サイトマップ  
トップページ
ご注文・お申込み
お水のデリバリー
  • ハワイウォーター、アルピナウォーター、ウォーターサーバーのことなら私たちにお任せください
ハワイウォーターについて
  • ハワイウォーターとは
  • おすすめする理由
  • ハワイウォーターができるまで
アルピナウォーターについて
  • アルピナウォーターとは
  • おすすめする理由
  • アルピナウォーターができるまで
ウォーターサーバーについて
お水のアレコレ
配達エリア
お申込みからお届けまで
災害の時には・・・
よくいただくご質問
お客様の声
環境への取り組み


有限会社 小金
 ウォーター事業部


〒370-0865
  群馬県高崎市寺尾町1614
 TEL 027-325-3453
 FAX 027-325-4445

 ※群馬地区販売代理店
災害の時には・・・


阪神大震災などの大きな地震を体験した後に訪れる問題は「食料、水、トイレ」の確保です。

やはり最も重要な課題は「安全な水の確保」


ペットボトル入りの保存飲料水を家庭で備蓄する場合
一人あたりの必要最低限を2リットル(飲料水のみ)とし、一家5人家族だと
2リットル×5=10リットル/1日
さらに、パニックが収まり給水車がやってくるまで3日分を備蓄すると
10リットル×3日=30リットル
最低でもこれぐらいは確保する必要があると考えます。
2リットルのペットボトルに換算すると15本となります。

ハワイウォーターのボトルは18.9リットル、アルピナウォーターのボトルは12リットル
これらのボトルであれば
3本の備蓄があれば十分と考えられます。


阪神大震災を経験した消費者の声・自宅でボトル在庫の重要性
実際に災害を体験した実話です。
  平成7年1月17日午前5時45分、マグニチュード7.3の大きな地震が発生しました。その時私はもちろん就寝中でものすごい地響きとゆれに何が起こったのかわからずに枕を持って部屋に立ち上がることもできず、床にうずくまっていました。
何分、何時間経ったか記憶がありませんが、あちこちで烈しく煙を吹き上げ炎上する町。きな臭い匂いが立ち込める中、茫然自失の私を含む被災者。
軒並み倒壊した家々、それはすさまじい都市直下型地震の生々しい傷跡でした。

辛うじて、私の自宅は全壊は免れましたが、大変な状況です。数時間が経過し、異常な喉の渇きを感じいつも通り流しの蛇口から水を飲もうとしたが、一滴の水も出ない。そうだ、冷蔵庫(転倒している)の中なら何か飲み物が・・・
そこには調味料や多少の惣菜のみ。財布の小銭で自動販売機に行けばと思い、外へ出ると飲み物が無く叫んでいる人たち。
そうです。自動販売機も電気が来ないため使えないのです。私の喉を潤したのはそれから約8時間後に何とか近所の方から分けていただいたコップ一杯の水でした。


会社案内 | スタッフ紹介 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 訪問販売法に関する表示 | リンク | ブログ | サイトマップ

Copyright(C) 2008 Kogane.Inc. All Rights Reserved.
ご注文はこちら